FC2ブログ

 

lu.lu.lu~♪と口ずさみながら気ままにハンドメイド
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
.
..aki8216.jpgお気に入りのzakkaとナチュラルな風合いのDryflower。
         私にとって心安らぐ空間作りの大切なアイテム。
        自然の温もりと優しさを皆様にもお届けしたい。。。
                                     tori822.jpg


dryflower3_convert_20090202214658.jpg


lulu*は、ナチュラルな色使いを大切にしながら、
ひとつ、ひとつ、心を込めて作品作りをしています。
リースやアレンジetc.
着色しているものは、なるべく使わない様に心がけて・・・

それぞれのお花が持つ自然な色の美しさを感じること、
セピア色に変わりゆく草花の時間を楽しむこと、
長く使い込んだ雑貨達と一緒に、
アンティークとして、その風合いを愛したいと思うのです。


dryflower2_convert_20090202214627.jpg


ドライフラワーについて・・・

ドライフラワーは、新鮮なお花を乾燥させて作ったもの。
乾燥方法は、自然乾燥法、専用乾燥機法、シリカゲル法などがあります。

私が取り扱っているものは、産直のドライフラワー専門業者さんより
お譲り頂いているお花達。
お花それぞれに合った乾燥方法で作られています。
自宅では、防湿剤、防虫剤入りのプラケースで管理していますよ。


dryflower4_convert_20090202214728.jpg


ドライフラワーの「いのち」・・・

ドライフラワーは、フレッシュなお花よりも長く楽しんで頂けますが、
少しずつ色褪せてしまいます。
『寿命』は、3ヶ月~半年、
もちろん1年以上色合いが変わらないものもあります。

「生花よりも長く楽しめるもの・・・」とお考え頂けたら
よろしいかと思いますよ。

「いのち」の長さ

   生花  <  ドライフラワー  <プリザーブドフラワー
  ~1週間    3ヶ月~1年       3年~5年 


dryflower5_convert_20090202214848.jpg


ドライフラワーの美しさを少しでも長く保つ為には・・・

『湿気の多い場所』『直射日光の当たる場所』を避けて飾って下さいね。

だけど・・・
半年に1度取り替えるものと割り切って、
飾りたい所に飾って頂ければいいじゃな~い!!
と考えるlulu*です。


dryflower1_convert_20090202214553.jpg


ドライフラワーのお手入れについて・・・

乾燥したお花は、とってもデリケート。
直接お花に触れない様に心がけて下さいね。
お花に触れる時は、優しく・・・です。

時々、ベランダや戸外で「フ~ッ」と息をかけて埃を払って下さい。
遠くから、ドライヤーの「弱冷風」を吹きかけることも効果的ですよ。

ハラハラと落ちる頃が、
ドライフラワーとしてのお役目を終えたと言う目安です。
土にでも帰してあげて頂けたら、
きっと、お花も喜ぶことでしょう・・・


ドライフラワーファンが、少しでも多くなればウレシイなっ 


               kago5173.gif lulu*



ランキングに参加しています。。。*


FC2Blog Ranking
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ


↑ ご訪問頂きどうもありがとうございます。
   皆様のoneクリックにいつも元気を頂いてます 

        お気軽にコメントや足跡を残して行ってね。



 

 

 

Comment

 

yuirinがエアコンの吹き出し口で作ったブルーグリーンの色の紫陽花は
明るいリビングに飾らず廊下に。。。けれど少しずつ色褪せてきています。
花の命は短くて・・・綺麗なものは短い。
生花もどんなに工夫しても1週間前後だもんね~。
自然のものだと割り切ってお付き合いするのがいいんだね♪

lulu*ちゃんはドライフラワー、どんな花が一番好き?


NAME:yuirin | 2009.02.03(火) 13:25 | URL | [Edit]

 

こんにちはヽ(^。^)ノ

lulu*さん、今回もとってもお勉強になりました!(^^)!
昨年買ったあじさいのリース・・・茶色く色あせてしまいましたv-406まだ、そんなに経っていないのに・・・飾り場所が悪かったんですね、きっとv-406
「土に帰してあげる」lulu*さんの優しさが溢れている一言ですねv-347
私も、お花枯れちゃったら「捨てる」では無く「土に帰して」あげたいと思いますv-415
もうすぐ春v-298今年は、ガーデニング頑張りますv-91そう思うのもlulu*さんに出会ってから・・・ありがとうlulu*さんv-398

NAME:megu | 2009.02.03(火) 14:36 | URL | [Edit]

 

luluちゃんはやさしいね。
なんだかお顔が想像できそうよ~
私なんてお花屋さんで働いてたって言うのに最近は全くお花に触れていないわ。
もっぱらグリーンのみよ。
ドライフラワーいいね。こんど飾ってみよう。

NAME:cherry | 2009.02.03(火) 22:01 | URL | [Edit]

 

yuirinちゃんへ。

こんにちは!yuirinちゃん。

そうだったね、エアコンの近くで自然乾燥法の紫陽花dfを作ってたね。
綺麗なブルーだった・・・
いつしか、その蒼さもセピア色へ。。。
それを「枯れた」と思うか、「朽ちた美しさ」と捉えるか、人それぞれ。

ドライフラワーに加工されたお花も、実はまだ生きているのね。
生花と同様に時を刻んでいる事を理解してもらっていたら、その美しさをもっと楽しめる気がして、今回ブログにUPしてみましたよ。
古き良き時代の物を愛する人には、きっと伝わるかな・・・

紫陽花・バラはドライの代表選手だね。
ユーカリと言った葉物も好きだし、デイジーや画像2にある「ローダンセ」と言った白い小花のドライが私の好みですe-266

NAME:lulu* | 2009.02.04(水) 11:19 | URL | [Edit]

 

meguちゃんへ。

meguちゃん、こんにちは!
ブルーの素敵なリースを購入されていたよね。
とっても素敵でしたe-267
湿度がとっても高い所に置くと、直射日光の場所よりも褐色に変化するスピードが速いの。
玄関先とか、トイレとか・・・e-263
冷暖房をかけるリビングなどは、意外に退色スピードが緩やかなんだけど。。。
紫陽花のお色を楽しめるのは、3ヶ月~半年位かな。その後は、全てセピア色に。
それを越して真っ茶色になってしまったのは、やはり管理不足と言う事になります。
・・・とは言え、生花よりは長く保てるドライフラワー。
不変のものでは無いけれど、愛してもらえると嬉しいですe-415

meguちゃん宅のお庭、春先には何が咲き誇るのかな?芝桜も楽しみにしていますe-349

NAME:lulu* | 2009.02.04(水) 11:35 | URL | [Edit]

 

cherryちゃんへ。

こんにちは!cherryちゃん。

Wow~v-402
お顔が想像できちゃいますか!
描いているお顔が見てみたいlulu*です(笑)

cherryちゃんは、お花屋さんでお仕事していたんだよね~憧れます~!!
仕入れ(朝市)は苦手なので、経営は無理だね。バイトじゃなくて、パート(笑)で経験してみたいなっv-410

どうしても「枯れた花」と言う先入観があって、
良いイメージに近づけなかったドライフラワー。
雑貨業界で近年扱われる様になり、理解も少しづつ深まってきている様ですが、
田舎のおばちゃんに言わせると、「枯れて捨てる花」と言われちゃうのが、淋しいlulu*です(苦)
生花の華やかさには欠けるけれど、優しい雰囲気を醸し出してくれるドライフラワーも素敵ですよv-398

NAME:lulu* | 2009.02.04(水) 11:46 | URL | [Edit]

 

lulu*ちゃん、こんにちは^^
美しいピアノの音色とドライフラワーのお話、
う~ん♪癒されますv-392

私はドライフラワー、大好きよ☆
演奏会で頂く薔薇の花束は、必ずドライにして
ピアノの上に飾っていました。
ドライに出来ないお花は、何とか長持ちさせようと、
イタリアにいた時にはアスピリン(鎮痛剤)をお水の中に入れたり…
意外と長持ちするのよ。
でも日本にはアスピリンって売っていないよね?!

次第に頂くお花が花束から鉢植えになって、
長くお花を楽しむことが出来るようになりました。

音楽家の家には必ずと言っていいほど、
音楽室には頂いたお花がドライフラワーになっていると思いますv-343
素敵な思い出と共にね^^

今我が家には、玄関に自宅で育ったアジサイのドライフラワーが1本だけ飾ってあるの。

海を渡って我が家へやってきた古いジャーに色褪せたアジサイのドライフラワー。
アンティークとドライフラワーって、切っても切れない関係のような気がしますv-341



NAME:hiromina | 2009.02.04(水) 14:49 | URL | [Edit]

 

lulu*さん、こんばんわ
ドライフラワーのこと、教えてくれてありがとうございました!!
とってもいい勉強になりましたぁ
うちにもアジサイのドライフラワーがありますよ~
この記事参考にして
大事に、お手入れしてあげたいと思います

NAME:chiru | 2009.02.04(水) 18:08 | URL | [Edit]

 

hirominaちゃんへ。

hirominaちゃん、こんばんは!

演奏会後に頂く花束の数々・・・
芳しい香りに包まれて、うっとりするだろうな~~。
凡人の私は(笑)、花束を沢山頂く機会なんて殆ど無いものだから、
hirominaちゃんが羨ましいわぁ~~v-398

生花を長持ちさせる方法、「アスピリン」ですかぁ~!!なるほど~!

私は、お花それぞれの水揚げ法を施した後、お水に1,2滴「漂白剤」を入れて、活ける様にしていますよ。

ドライフラワーの起源は、「プロヴァンス」だとか。
地中海性気候が、ドライフラワーにとって環境がベストなのはもちろんだけど、フランスならではの、生活雑貨を大切に使い続ける風習と平行して、お花もドライにして大切にされたのだとか。。。

hirominaちゃんのお宅に飾ってある古いジャーと紫陽花のドライは、まさしく「切っても切れない関係」プロヴァンス風だねe-420

NAME:lulu* | 2009.02.04(水) 22:06 | URL | [Edit]

 

chiruさんへ。

こんばんは!chiruさん。

「枯れたお花」と思われがちなドライフラワーですが、とっても趣があって素敵なの。

chiruさん宅の紫陽花も、きっと優しい色で、癒してくれているのでしょうねv-398

紫陽花のドライは、湿度が苦手です。
冷暖房がかかっているお部屋だと、適度な湿度なので、緩やかな退色だと思います。
いつかは、セピア色になりますが、それも楽しんでねv-344

NAME:lulu* | 2009.02.04(水) 22:12 | URL | [Edit]

 

すごく素敵です!!

はじめまして。

ひなたぼっこと申します。

今日、初めてブログにおじゃまさせてもらってます。
ページを開いてから、心地いい音色が聞こえてきて、うっとりしてしましました。

しかも、ちらちらと舞っている星、素敵なドライフラワーたち、ここだけ、別世界な気がしましたよ。

素敵な作品、これからも、楽しみに拝見させてくださいね*

NAME:ひなたぼっこ | 2009.02.05(木) 09:10 | URL | [Edit]

 

ひなたぼっこさんへ。

はじめまして!ひなたぼっこさん。

遊びに来て下さって、どうもありがとうございますe-266

のんびりハンドメイド、気ままにブログを更新してますよ。
よろしかったら、また覗いて下さいねっv-415

NAME:lulu* | 2009.02.05(木) 13:52 | URL | [Edit]

 

lulu*さんへ♪

lulu*ちゃん ありがとう!!
とっても・とっても参考になりました♪
早速試してみたら、花が落ちることなくキレイになりましたよ♪
最近、アジサイのドライにはまってるの♪

ポチ☆ポチしていくねっ♪

NAME:koromo♪ | 2009.02.06(金) 00:09 | URL | [Edit]

 

koromo♪さんへ。

おはよう~!koromo♪ちゃん。

早速にお手入れ法をお試し頂けた様でよかったわぁ~v-398

紫陽花の色の変化は、ドライの中でも一番楽しめるんじゃないかと思うの。
それだけ魅力的なお花なのね。
大事にしてあげて下さいね。

紫陽花は、高湿度には特に気を付けて~~v-222

NAME:lulu* | 2009.02.06(金) 09:57 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

  lulu*

Author:  lulu*
...............................................................................................................
ご訪問いただき
ありがとうございます。


『シアワセ』の種まきを
コツコツと・・・
『アリガトウ』の気持ちを
忘れず過したい・・・
そんなlulu*でございます。



震災・原発事故体験を機に
見えてきた景色。
日々のくらしを
ゆっくりと。




『LuLuLu...*』での作家活動は
お休みしています。










素敵なhandmade blogは
↓こちらからどうぞ♪

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ


ルームフレーバー.com

名前:
メール:
件名:
本文:

shopbanachai.jpg
mattari-bana2.gif
banner-07_3_1.jpg

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2018 おうちで...*LuLuLu...*, all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。